FC2ブログ

2007年6月1日

5人のパイロット達は、スカイ朝霧猪のかしらで思う存分飛んだようです。茂木さんとコバは猪のかしらから練習場まで飛んできました。
練習場直行の青木夫妻と仲手川さんは、大汗をかきながらとことん立ち上げ&ショートフライト。
特に仲手川さんは終始ニコニコ顔で最初から最後まで給水以外は休まずやりっぱなし。いやいや凄い体力です。
その横では、スカイ朝霧のスタッフのサポートを受けながら修学旅行の中学生達が高度7~8メートルをスイスイと飛んでいたのでした。
スポンサーサイト



2007年6月2日

朝一番で東風を切り裂いてぶっ飛びしたのは、「イクスのトップガン」黄色い機体のM木さん。
その後東風が強くなってしまったので、ゆっくりと「とりバックス」で昼食。700円のランチでご飯食べ放題とコーヒー・ウーロン茶・オレンジジュースは飲み放題には誰もが納得。
DSC01418.jpg

午後は立派な西風になって丹那の空は色とりどりのパラグライダーで賑やかでした。平和な雰囲気の丹那に緊張を走らせた、今日のヒーローはこの人
DSC01421.jpg

玄岳手前の吹き抜けにスッポリはまってザックリ山沈。そんなことをやらかしてもピンピンしていて、反省してるのか反省していないのか判らないところが、大物の条件なのか・・・

2007年6月3日

三筋に向かう途中でパラフィーを覗くと、ほんとにたくさんのパラがソアリングしていました。きっと三筋にも良い風が吹いているに違いないと思いながら、ハイエースのアクセルを踏み込みます。案の定、南よりのソアリング条件で2~3本づつ飛び、練習場の早川さんも気持ちよく数本フライトできました。

ツアーのお知らせです。 6月16日17日
前回・前々回に悪天候で中止になった高塚・三ケ日ツアーに3度目の挑戦です。「3度目の正直」になるか、「2度あることは3度ある」になるかは誰にもわかりません。
参加希望の方は、事前に申込を
参加費用は、ざっと1万円です。
出発はイクス16日朝8時。

2007年6月4日

今井さんが来てくれました。車のダッシュボードの上に置いてあった無線機が加熱されてしまったようでスイッチが入りません。修理依頼を受けてしばらくテーブル上に放置しておくと、熱がさめたのか正常に戻っていました。
移動はあきらめて、鈴木さんとしばし3者雑談して解散。
8の巣の掃除をした後で、午後は練習場の草刈でした。練習場は茎の長いタンポポのような黄色い花が満開です。このあたりでは通称「ブタ草」と呼ばれていますが、正式名称は不明です。12時30分に草刈開始したときには、満開だった花は、草刈が終わる4時頃にはほとんどがつぼみの状態になります。
草刈をしていると草と一緒に切り刻まれたバッタなどを食べに、カラスが近寄ってきます。
西風が吹いたらきれいに刈そろえた芝のスロープでたっぷりグラハン練習してください。
DSC01424.jpg


明日はマリンボウの舟でキス釣りです。ゲストはジェネスの後藤さんとアウトバーンの加賀山さんです。

私が出かけると丹那にいい西風が吹く伝説は今日も実証されました。石川さんを朝霧へ、コバと森田さんを長野に差し向けると丹那には朝からさわやかな西風が吹きました。久しぶりに丹那を訪れた和田さんから電話がありました。「すごく良い風なのに誰もいないよ。」
その時、私は駿河湾に浮かぶ船の上で釣り糸をたれていました。
ひっそりとした丹那で、まずは大倉さんがソアリングを始めると旧風速計のポジションあたりで鳥の襲撃を受けたそうです。かなり激しいアタックをされたようで、キャノピーの上面が5箇所も破れてしまいました。きっと子育ての最中だと思われるので旧風速計の近くを飛ぶときには注意しましょう。
DSC01426.jpg

参加者は加賀やん夫妻とクマさんことジェネスの後藤さんそれにキャプテン山崎と私です。6人乗りのマリンボウ号でクルージング気分。
DSC01427.jpg

獲物はキスやメゴチ。天候は良かったのですが釣果は今一でした。淡島近くのポイントでラッキーにもアマダイを釣り上げました。
DSC01429.jpg

終了後はみんなで舟のデッキ掃除
マリンボウでは、ダイビングとフィッシングのお客募集しています。

2007年6月6日

思ったより飛べたかなぁ。タンデム希望の女性二人も茂木さんと空中散歩を楽しみました。あまり楽しみ過ぎて、パラ酔いになりランディングでは苦痛の表情だったようですが、その後いかがでしたでしょうか。今井浜から来たブースポとオメガの二人は強めの風のなかを自由自在に飛び回っていました。
昨日、大倉さんを襲ったと思われる「こぶりなトンビ」のような鳥が今日も出没してイノジンのブースポを威嚇していたようです。昨日の情報を参考にイノジンもポンピングや声で鳥に対抗したので被害はありませんでした。

2007年6月7日

2人が飛んだのは事実ですが、楽しんだ人はいなかったようです。テイクオフからランディングまで終始翼端折りが必要なコンディションでは、楽しむことはできませんね。
少し時間に余裕があったのでテイクオフの草刈をやりました。
昼は、キミサワで買ってきた富士宮やきそばをカッキーが作り、尾朝さん森田さん大村さんといただきました。麺にこしがあり、歯ごたえたっぷりだったので、私の弱った顎にはいささかハードでした。

2007年6月8日

毎日配達で大忙しの海人のパパは、午前中に1本飛んで慌てて配達作業に帰っていきました。その後も、グッドコンディションは夕方まで続き、とことん練習できました。尾朝さんとTJRと2人合わせて3時間以上は滞空してます。
深いバンクの360度旋回の科目では、始めのうちおっかなびっくりでしたが、繰り返し練習するうちにコツを掴むことができました。3本飛んだうちの2本が危ないテイクオフとなってしまった尾朝さんにとっては、グラハンの練習も重要課題ということが明白となりました。
今日も、テイクオフ付近にあの猛禽類が出没し、ソアリング中のパラを威嚇していました。たくさんの目撃情報がよせられ、今後の対策が必要になるかもしれません。
DSC01430.jpg
テイクオフとランディングではへろへろ挙動となっていたエレメントですが、上空ではサーマルをヒットして順調な飛びでした。
DSC01431.jpg
滝知を飛ぶのは昨年の11月以来という梅田さんは、危なげなくソアリング&ランディング。

2007年6月9日・10日

雨が降ったり止んだりの飛べない週末。不安定な天候に泣かされました。

2007年6月12日

どうやら・・・ご機嫌で飛べた・・・らしい。
綾知らずだけでは、飽き足らず今度は、下痢症状が悪化してついにダウン。病院へ行って薬をもらい家で静養していました。
体重は、トータルで4キロも減り、右の頬はだいぶこけてきましたが、左の頬は、抜歯の後遺症で腫れているのでバランスは悪いです。
私が休みや遠征をすると、「何故か飛べる丹那!」この日もいろいろな人から飛べてる報告電話がありました。

 本日は13時前から2mの西風が2時間近く続いて
絶好のconditionでした。島野さんに電話したすぐあと
茂木さんから電話でこれから上がる、、、というので私も
かけつけて、1時間以上飛びました。トップランは2回は
尻餅でしたが、3本目はスックと降り立って、これを潮に
引き揚げました。島野さん不在の時に事故を起こしては申し
わけありませんから。もっとも、昨夜は8時間のドライブ
ですから、体力の限界です。
大村さん達は夕刻までたっぷり飛んでいたようです。
本日から10日ほど長岡在ですが、Vnのレッスンやその他
の用事があって、西風でも行けないことがあります。

てな具合だったようです。

2007年6月13日

微妙に強い西風で丹那は飛べないと判断して、10時40分ゆっくりと朝霧へ向かいました。メンバーは羽衣・小林・TJR・別所・高梨と平日のわりにはたくさんいました。大八木さんも朝一で丹那まで来てくれましたが、午後は用事があるらしくドライブのみでお帰りになりました。朝霧で飛んでいる最中に丹那の風がもうちょっとのところまで落ち着いてきてドキドキさせられましたが、結局朝霧で正解でした。スクール生は、サイドアプローチと深いバンクの360度を中心に練習しました。
小林さんは、ピッチングの自主トレ中に派手にタッキングを起こして、静寂の猪の頭エリアに大きな潰れ&回復音を鳴り響かせてくれました。

2007年6月14日

梅雨入りなのでしょうか。雨が降っています。
昨夜の夢に香椎さんが出てきて、「真竹はまだけ?」とつぶやいていたのです。そこで早朝にランディングの竹林をチェックしましたが、日陰部分はまだこれからのようでした。

今晩、週末のツアーの最終決定をします。

16日(土)の集合出発は予定通り 8:00です。 但し、ツアー行動については、天候を考慮にいれて柔軟に考えます。

2007年6月15日

油断していました。朝イクスに到着したときには、すでに西風で飛べちゃう状態でありました。さっそく、1人のスクール生と鈴木さんとテイクオフへ。まずは広々としたテイクオフの芝を2人占めして、心穏やかに1本飛びました。2本目、もう1人のスクール生の尾朝さんが加わって、またしても飛べちゃうなんて予想外。この後しばらくは東風になりましたが、夕方はさらに森田さんも加わってまたまた飛べちゃう予想外。
DSC01434.jpg
(竹細工師ではない)鈴木さんは立ち上げの練習。うまく立ち上げるには、キャノピーをきれいに地上にセットすることから始めますよ。
DSC01436.jpg
東風に変わったときにテイクオフの後ろに出現した不思議な形の雲。
DSC01437.jpg
何故だか隠れんぼしているスクール生を探せ!

2007年6月16日

三ケ日ツアー初日
ツアーに出かけると丹那が飛べる伝説はこの日も健在。
しかしながらそれ以上に三ケ日は絶好調。
少々強めの風でウェイティングの時間もありましたが全員ソアリングと言う上々の結果でした。
三ケ日初体験と言う人もいましたが一本目は勝手がわからず上手く飛べなかったところもありましたが、2本目は皆さん余裕で景色を楽しみました。
日没近くまでたっぷり飛んでいたのは伊藤さんと樋口さんでした。
その後、みんなで温泉に行き露天風呂で今日の成果について語り合いました。
三ケ日のショップに戻るとそこにはバーベキュー(送別会らしい)が待っていてビールと富士宮焼きそばとステーキなどを美味しくいただき最後まで幸せな一日を過ごしました。
夜は、大広間でたくさんの人と寝たのでいびきや歯軋りや叫び声が凄くて熟睡でしたがアルコールが入っているのでそれほど問題ありませんでした。
DSC01447.jpg
参加メンバー。これはツアー終盤なので、みなさん疲れきっています。
DSC01440.jpg
三ケ日のランディングは今日もにぎやか。
DSC01442.jpg
小林さんのランディング。

2007年6月17日

すがすがしく目覚めた後は近くの喫茶店でホットサンドとホットコーヒーのモーニングをいただきました。
午後は高塚に移動する予定ですが、まずは三ケ日で一本飛びました。
羽衣さんは、出だしで高度を失った後に東風のサーマルを引っかけて一気に600メートル上昇し、その後、縦横無尽に三ケ日の空を飛びまわりました。
雲底まで上昇しうっすらと雲にかすんでしまったときにはちょっとヒヤッとしましたが、上手く高度を下げことなきをえました。
12時には一旦切り上げ高塚へ移動。
高塚で1時間ほどウェイ手リングしていると南東の風が南の風に変わり、ソアリングコンディションとなりました。
すぐに小林さんと岡本さんが飛び出し気持ち良さそうにソアリングしました。しかしソアリングは長続きせずその後に出た数名はぶっ飛びになり、2日間のツアーは終了しました。
DSC01439.jpg
満足げな表情を見せるこの日のヒーロー。
DSC01444.jpg
浜名湖線の駅前にあるトイレは、名産物の三ケ日ミカン型。

2007年6月18日

ツアーの疲れを癒すように、穏やかな1日でした。但し、風は強くランディングでのグラハンのみ。昼はお好み焼き屋に食べにいきましたが、なんと高梨さんは「お好み焼きを食べるのは始めてです」と言うので、その言葉にビックリ。過去に関さんも同じようなことを言っていましたが、世の中にお好み焼きを食べたことが無い人が、けっこういるのかと思うと、ちょっと不思議。
尾朝さんは、本日納車されたピカピカバイクで登場。何故か昨夜は自棄酒を飲んでしまったらしい。理由は秘密です。

2007年6月19日

梅雨入りしてからは、絶好調の丹那エリアです。今日も平日にもかかわらず総勢20名ほどがソアリングしていました。スクール生は、オレンジのエレメントと青いエレメントの2機でした。いずれも三ケ日でも見かけた機体なので、どちらも今週は滞空時間たっぷりというところですね。それほど暑くもなく、気持ちよい気温と気持ちよい風が1日中続いて、遊びすぎた火曜日となりました。それにしても、かなり低くまでたれた後で再び上げなおしてきた赤いアスペンの技術と粘り強さには感動しました。

2007年6月20日

風が強くレッスンはありませんでした。
作業は後回しにして、狩野川でカヌーの川流れでした。
明日も風が強かったら、海に遊びに行こうかと計画中!

2007年6月21日

カヌーコンビ(柿&島)で宇佐美海岸でサーフカヤックでした。波乗りというほどの波はなくショボショボでしたが、未熟な我々には十分な並波です。途中、波を乗り越え沖へ向かって漕いでいると、大きなボラが向かってくる波の中にいて立派に波乗りしていました。ボラは何のために波乗りをしているのでしょうか?遊び?えさ獲り?

2007年6月23日

夕方から始まった、井上さん企画のジンギスカンは予想以上の盛り上がりで、日没から12時過ぎまで続きました。(翌日飛ぶなら11時頃にはお開きにするようにしないといけませんね)伊藤・今井という酒好きコンビをはじめ、15人ほどがショップ前のテーブルで肉や野菜をほおばりました。コンパ大臣の冨樫さんは、訳の判らないない掛け声をかけながら、いつになくハイテンション状態で宴会を完全に支配し、それにつられて、イクスに存在していたすべてのアルコールが消費されました。
肝心のパラグライダー編
4メートルの東風スタートでまずは三筋で2本づつ。絶好調男の羽衣さんは、ほかの人がぶっ飛ぶなかを今日も1人でサーマルソアリング。「なぜかサーマルが僕のところに寄ってくるんだ」と豪語しています。最後の2人は悲運にも三筋担ぎ下ろしということになってしまいましたが、とにかく平和に終了。そのころ、丹那にも西風が入ったと、加藤さん伊藤さんから連絡があり、急いでホームに帰って6時頃から夕方の一本を楽しみました。

2007年6月24日

雨のなかでも良いのなら飛べたかもしれない。雨が降り出してからは2メートル前後の良好な風が吹き続けています。
朝、雨の降りだす前に練習場には行ってみたものの、結局条件は整わずに終わってしまいました。
駅までの送迎を兼ねて、町場まで移動しラーメン「鈴福」で昼食。
もうそれ以上何もできません。
小さなハエのような虫が丹那地区に異常発生。ショップにいても外にいても、おびただしい数の虫が動き回り、場所によっては白い床が黒くなるほどです。「あ~気持ち悪い!」

2007年6月25日

久しぶりに、海から丘に登った石川さんが遊びにきました。最近さらにマッチョになっているようですが、性格は前にも増して穏やかそのものです。
昼飯の鳥バックスでは、ライス大盛りをさらにお替わりしてとにかく逞しい食欲です。

2007年6月26日

虚しく飛べないまま一日が終了。8人でのべ62時間ほど風待ちをしたでしょうか。正確には風は一日中良かったので、ガス晴れ待ちですが。
途中、練習場に竹の子を採りに行ったので、皆様お土産付きでお帰りになりました。イクストークを発送終了。

2007年6月27日

顔つきはベテランでも、パラグライダーではひよっこの2人を連れて三筋山へ出稽古に向かいました。
山頂のテイクオフで立上げの猛練習をしている最中のできごとです。
吉野さんをピッタリマークして「右引いて!」「左引いて!」と指示を出していると、すぐ隣りでいつもの。「すいませーん!」というセリフが聞こえました。「今度は何をやったの?」と思いながら振り返ると立上げ練習の尾朝さんが1.5メートルほど舞い上がっていました。慌てて指示を出し、ショートフライト&トップランみたいなカタチとなりましたが、顔つきは必死で、ちょこっとピンチでした。
夕方には風が安定して3メートルくらい正面。私は誘導するために先に飛びランディングで2人を待ちます。
2人ぼっちにされた寂しさにも負けず、吉野さん尾朝さんの順番で山頂からメインランディングまで見事に飛んできました。
めでたし、めでたし。

2007年6月28日

メールで送れなかった人に封書でイクストークを発送しました。宛名ラベル作成にちょっとしたミスがあり、63名の方の敬称が省略されています。次から一つづつ持っていってください。
様 様 様 様 様 様 様 様 様 様 様 様 様 様 様 様 様 様 様 様 様 様 様 様 様 様 様 様 様 様 様 様 様 様 様 様 様 様 様 様 様 様 様 様 様 様 様 様 様 様 様 様 様 様 様 様 様 様 様 様 様 様 様 

2007年6月29日

イクスで勉強会。
冨樫さんを中心に五十嵐さん・大城さんなどがガリガリ・ガリガリ学科科目を消化しました。


2007年6月30日

三筋の帰り道、久しぶりに今井浜漁港の「あいざわ」に出向いてアジみそたたき定食といか刺し定食などをいただきました。やぁー美味かった美味かった!いかわたスライスを食べながら酒を我慢するのは苦痛に近いものがあります。河さんの車でさきに帰った長谷川さん・加藤さんも次回食べに行きましょうね。
今日の練習場のメインは明代ちゃんと早川さん。緑色のエレメントのショートフライトはほぼ満点でした。
天気は、午前中が素晴らしい青空、その後どっぷり曇ってテイクオフが見えなくなったので、岡本さん以外は山頂を飛べませんでした。

カレンダー eX公式予定
リンク
プロフィール

eXパラグライダースクール

Author:eXパラグライダースクール
eXパラグライダースクールのブログページへようこそ!。
このブログページの記事はイクスの出来事が記載されています。
サイドバーには色々なブログパーツが埋め込まれています。
そちらも是非ご覧になってください。
見ればほぼ理解頂けるかと思いますが万が一何かありましたらスタッフなどにお気軽にお問い合わせてください。

なお情報量の多いブログパーツを使用しています、表示には多少お時間がかかるかもしれません。

最近のコメント
月別アーカイブ