FC2ブログ

7月1日

あらあら・・・もう7月になっています。いつもの年ならフランスにいる季節ですが、今年は2週間後にフランスです
月曜日でもなんだかにぎやかです。しかしながら東風だからミスジへ移動しました。すっかり丹那メンバーに溶け込んだM夫妻とそのいちみのFさんも同行して、総勢9人。平日としては立派な人数です。
とりあえず飛べたというところから始まって、夕方には良いコンディションで飛べたという状況にまで向上。

風も安定しているしパイロットとパイロットコースのスクール生ばかりだから安心して一日を終了できた。

明日も東風か
スポンサーサイト



7月2日

風も波も穏やかだったので船長になってきました。免許がなくても操船できるエンジン付きゴムボートで沼津の海をクルージングです。あまり気持ちよくて遠くまで走ったら帰り道でガス欠になってしまい、岸までオールでこぎこぎしました。
フィッシングにもトライしました。しかし大きな魚は何処かへお出かけになっていたようで小魚しか針にかかりません。夕飯のおかずには程遠い釣果ですが、一応食してみようと思います。

まじめなパイロットは、やや荒れた風の葛城で1本。
あまり多くを語らなかったところをみると、あまり面白くないフライトだったようです。

明日は西風。

7月3日

朝から風が強く昼には雨も降り出した。飛ぶことはまるで考えていない。
暇つぶしに何をするか検討した結果、デッキ用のテーブルを作ることにしました。
材料は、なるべく買わないで手に入れるようにしているので、チェーンソーを持って山に入り適当な木を切り出してきました。まず、担げる程度の長さに分断して林から担ぎ出し、皮をはいで横に並べます。組み合わせを考えながら、隙間を調整して天板に仕上げます。ココからは、また明日以降に作業をすすめます。

明日もダメな天気でしょ


7月4日

天気はまったく期待できない。外での作業はできそうもないのでどうやって一日を過ごすかが課題となる。
まずは、朝食をにぎやかに食べる。二人を招いて味噌汁と3日前に釣った魚を処分した。
昼食は、転んで怪我した隣の住人を気遣ってスーパーで買出しした食材でサンドイッチ(ビール)を食べた。
ビールですっかり気持ちよくなってしまい、しばらく布団で横になる。
夕方はリクエストに従って、熱海の鮨勘に行き、美味しい魚をつまみながら熱燗に酔う。
充実とは言いがたいながら寂しくない一日でした。

明日も似たような天気だけど、似たような一日は送らない覚悟です。

7月6日

ショップでハーネスの調整やレスキュー投下練習、フロントコンテナの取り付けなどを少々行いましたが、実技はできません。
明日は練習場中心で朝霧に行くでしょう。

7月7日

ついにX-alpsが始まった。なんだかオギーが出遅れている。テイクオフの横にある木の上で休憩していたみたい。とにかくこれから挽回しなくちゃならない。

スカイ朝霧にお邪魔して練習場で練習しまくった。本日イクスメンバーが練習場に流した汗は、おそらく4リッターほどでしょう。リバースから振り返る前にキャノピーを安定させることがKさんのテーマ。確実なスタンディングフォームとランディングアプローチは今日からBコースの二人のテーマです。朝から頑張った甲斐があって、高高度フライトに向けて順調にステップアップしています。

明日は午後2時まで明後日は、健康診断のためにお休みします。
7月13日からANNECYツアーが始まり、21日に帰国します。

7月8日

丹那で飛べました。それなりに予報が良いと集まってくるものです。
梅雨明けと同時に丹那の季節ということでしょうか。西風の気圧配置が多くなっています。
少々の強弱があり、揺られるシーンや対地速度が10キロを下回るようなこともありましたが、おおむね良好な風です。
最近テイクオフに難のあるメンター2が今日もテイクオフの南側に咲きました。普段からジョギングなどで足腰を鍛えていることがかえって素直なテイクオフを邪魔をすることもあるのです。助走しながら足で支える体重を徐々にキャノピーへ移していくとキャノピーが安定します。キャノピーに荷重が加わることで、自然に加速がおこります。この作業が上手くいってないのです。いつまでも足で体重を支え、傾かないように脚力で踏ん張るとかえってキャノピーは不安定になります。この同じ課題を克服しステップアップしたい黄色いイオン2も3本飛びました。
飛べば飛ぶほど単純に上手くなるとは限らない。ここが奥の深いところです。
そして、よれっていた青いUPが、バリッとした白いUPに姿を変えて登場です。もう先日のようなストールやフラットスピンに入らなくなることでしょう。よかった・よかった・・・

7月9日

健康診断の結果がでました。カロリーのとり過ぎ・・・中性脂肪やコレステロールの値が基準を超えています。
油物を控え、食べる量を少し減らせとのありがたいアドバイスをいただきました。
昼に焼肉と大盛りご飯を食べてから結果を聞きにいったので、それを見透かされたようなウシロメタイ気持ちになりました。

丹那は、東だったり西になったりでぶっ飛びという報告でした。
明日も西でしょ。

いよいよ土曜日から・・おフランス・・なのです。

7月10日

若干風が強くて朝霧まで移動したのに、残留組が日中に丹那で飛んでいた。うーむ、ちょっと残念です。
もちろん朝霧でも飛べなかったわけではなく、前山でいったりきたりの1~2時間。
暑さははんぱではなく、外にでるとジリジリとこげるような感じです。
こんなときは白馬の涼しさが欲しくなります。


明日も西風

7月11日

テレビでよく見かけのる「壇蜜」。イクスのスクール生は「アンミツ」ただし男です。
今日はこのアンミツさんがやりました。西風3メートルの丹那で高高度デビューです。じっくり直線飛行を練習したので、問題なくランディングまでたどりつき、ちゃんと足から着地できました。
2本目は、風がつよくなってしまい次回に持越しです。
さあ次なる高高度は、アツシ君の番です。ただし女。

土曜日からANNECYツアーです。21日(日曜日)まで留守にしますので・・・

7月12日

明日からアネシーツアーに行くというのに参加者うち2人は今日も飛びました。朝から穏やかな風で昼頃には強くなりましたが、それまでの間十分に楽しめました。1機だけスタ沈して猛暑のなかで回収作業。薄着の方はいばらに厚着の方は脱水症状に注意が必要です。
昨日はツアー参加者が5人ほど飛んでいたかも・・・

明日早朝3時半にイクスを出発して、成田空港に向かいます。明日成田に集合するのは13人ですが、現地では総勢17人に膨れ上がります。14日から19日までの6日間アネシー付近で飛ぶ予定です。

なので、21日までスクールはお休みです。

7月13日

13日、すでに成田ですったもんだしながら、アムステルダム経由でジュネーブに到着。3日前からアネシー入りしていたトガシさんと美人ガイドのリリーさんが空港まで笑顔のお出迎えに来てくれていました。ツアー中に滞在するアラン家では、到着早々にパーティー並みの料理で歓迎していただき、ちょこっとアルコールもいただき、その後は旅の疲れでバッタリ、グッスリでした。さあ、天気も良いようなので、明日からガッチリ飛びますよ!

7月14日 フライト初日 モンマン

現地集合の2人を加えると、総勢18人という巨大ツアーのスタートは、ANNECYのモンマンからスタートしました。コンディションも上々で、地元タンデムも忙しくフル回転しています。
1本目はサーマルも成長前なので、肩慣らしのぶっ飛び。フランスパンのサンドウィッチをテイクオフで食べてからが本番の2本目。
長旅の疲れで何人かのテイクオフはヨレヨレでしたが、空に上がれば気持ちは引き締まります。
最高到達高度は2,200メートル、湖一周が6名、その他の人も1時間以上飛び、最高の初日となりました。
指定ランディング以外に降りてしまった人が2人。人数が多いのでいろいろなことがありますが、とにかく無事でした。

7月15日 2日目 マローン&ラクルーザ

GOPR0740.jpg
GOPR0924.jpg
G0030014.jpg


東向きの代表的午前中エリアはマローン。月曜日だから地元パイロットも少ないみたい。それでも小さなテイクオフにイクスだけで16人もいたので、なんとなく賑やかです。
ソアリングはできたものの、風は強めでランディングのときは垂直降下の人もいたくらい。

午後はラクルーザに移動しましたが、強めでアレアレの風ははしばらく続くと思われたので、コーヒーを飲んだり、アイスを食べたりしながら時間をつぶして風が落ち着くのを待ちました。

テイクオフまで、上がってきたリフトの営業時間が終了した5時過ぎに、やっと風は落ち着いて。全員がテイクオフしました。ラクルーザはとにかくスケールが大きい。山沿いにミニクロカンをしてみたり、3,000m以上まで上昇してみたりで、満足度の高いフライトとなりました。

そして、夜は美味しい料理を食べながら、自慢話の応酬です。でも、自慢するからには、ポケットマネーでシャンパン マグナムボトルを買ってきてチョーダイ!

明日はツアーのメインの一つ、シャモニーを飛びます。

7月16日 シャモニー&7パッシー

GOPR1048.jpg
GOPR1187.jpg
GOPR0951.jpg
IMGP0076.jpg

いつもより1時間スタートを早めてシャモニーへ行きました。天気の良い日を見計らって日程を組むので、シャモニーは外した事が無いのです。6月末に比べてコンディションが穏やかなようで、「サーマルは強烈」という感じではありません。12時過ぎまで飛び、最高高度は2,650m、モンブランを見ながらの高度差1,000m、スケールの大きなフライトはイクスツアーの目玉商品。

帰国後の土産話をするにしても、「シャモニー(モンブラン)で飛びました」というのが一番ウケるのです。

そして昼食はパッシーのテイクオフにあるレストランで、『モンブランを見ながらモンブランを食べる』というのもイクスツアーの定番。

昼食後のワンフライトもボリュームたっぷり。なんて贅沢な一日でしょう。(ビフォーアフター風)

実はこの日、X-Alpsの日本チームがシャモニーまで到達していたのです。これはちょっとすれ違いでした。

贅沢な一日の締めくくりは本格フレンチ。 ウメェー!!!

7月17日 フライト4日目 プランフェ&モンマン

少々疲れも溜まってきました。飛べすぎでしょ。
午後からサンダーストームの予報なので近場で勝負することにして、まずはプランフェからスタートしました。
始めのうちは風がなく、しばらく待ってから、とりあえずぶっ飛び。
とりあえず、昼食を取るために…。

午後のフライトはテイクオフをモンマンに移動。少々風が強く、、女性陣は飛ばずに男性陣を見送っていました。たまにヒヤッとするテイクオフシーンもありましたが、上空のコンディションは上々で、テイクオフした全員が湖を周回しました。

とにかく湖一周のオンパレードで、シャンパン マグナムボトルが飲みきれないほどストックされました。

そして、夜がまたまたスペシャル。
X-Alps日本チームを応援するため、ゲリラ豪雨の中を車で「追っかけ」です。
雨が降っている山道をヘッドランプの明かりで走り続けるオギーを見たときの姿は感動でした。

GOPR1276.jpg
GOPR1236.jpg
GOPR1299.jpg

7月18日 フライト5日目 ル・サプネ

たぶん、今日は一番ダメな日。

昼からはサンダーストームの予報があり、早めの展開が必要。
雲が空を覆っているから、テイクオフの標高が低いエリアを選択しました。
ANNECYの南西にある、「ル・サプネ」という高度差600mのエリアです。

曇り空の中を連続飛行記録更新のために「ぶっ飛び」と思ってテイクオフしたら、意外に粘れたのです。
まぁまぁかなーー。

午後は市街地観光とSHOPPING。
そして、夜はシャンパンがぶ飲みでエビ、カニ、生ハム、その他の料理で盛り上がり過ぎです。

明日は最終日なのでガッチリ飛びます。

7月19日

フライト最終日
ツールドフランスのコースをドライブしてセムノーズまで行ったけど雲が邪魔して飛べません。
こんなときはモンマンに戻って飛びます。
あまり良いコンディションではありませんがパーフェクト達成

ツアーが無事終わったのでビールで乾杯

成田空港に到着

今日は西風みたいだから丹那に向かいましょう

7月20日

飛行機のなかで1日が過ぎていきました。

7月21日

涼しい成田に到着して、ハイエースで丹那まで帰ると素晴らしい西風が吹いていました。
たくさんのパラがソアリングしているのを見ても時差ぼけの頭と体は機能しなかったみたいで、Sさんとドクターは、そのまま帰宅しました。

夕食は久しぶりに熱海の「ちびっこ納豆」を食べました。みょうがとねぎを刻んで生卵を混ぜ合わせ炊き立てご飯にぶっかけて・・・・・・ウマッ!

明日から8月10日の長野合宿まで通常営業です

7月22日

今日も良い条件で飛べました。
ANNECY組も2名。昔懐かしいビジターさんも来てくれたのでそれなりに人数が集まりました。
後半は雲底が下がってしまい、曇の下で曇に吸われないように逃げながら飛ぶ練習となりました。
帰国後は、なんだか涼しい日が続いているので体に負担がかかりません。

7月23日

思ったより良い天気。しかも早い時点で東風がゆるみテイクオフのチャンスが訪れました。
東風と西風がぶつかるような状況のなか夏場特有の霞んだ景色ながら十分な上昇風がありました。
ダイヤランドの住人達をはじめとして丹那の常連が涼しさを求めて雲底まで上がっていきました。
練習場では、新入生と体験4人が無風や弱いフォローで激走してショートフライトです。1本でも多く飛びたかったので怪しい空模様でも頑張っていたら、見事にずぶ濡れになりました。
キャノピーは濡れたけど夏の雨は気持ちぃーよ。

今週末の土曜日は湯河原サンバパレードがあります。

7月24日

昨日びしょ濡れになったキャノピーを少しだけ乾かして(せいぜいしっとりまで)終了です。
雨が降り出してきました。
明日は晴れるかな・・・


8月10日から月末まで長野合宿です。皆さん来て下さい。

7月25日

曇天プラス東風。
デルタ2の試乗機(サイズS)が週末まであります。
さっそくM夫人が試乗したところ、動きがシャープで面白いという感想でした。
やっぱり滑空性能がとてもよろしいようです。
ちょっとショートして、藪の中にランディングしたのはSちゃん。汗だくで脱出してきました。
この季節のスタチンや山沈は、脱出にエネルギーを必要とするので注意しましょう。また、脱水症に備えて水分を携帯することを忘れないでください。

明日は西風・・・





7月26日

目に見える東風。見えない西風。
西風と東風がテイクオフ付近で行ったり来たり押し合っていました。
東風と一緒にやってくる霧にテイクオフが度々覆い尽くされました
それでもコンディションはまずまずで誰もが楽しめました。初高高度を間近にひかえたスクール生とタンデムして飛行コースの確認を行いました。ランディング後にも良い風が続いていたので、そのまま丹那デビューさせようかと思いましたが、本人は極度のパラ酔い状態で体調が悪く、次回に持ち越し。
デルタ2(試乗機)は好評です。



8月10日から月末まで長野合宿です



7月27日

おっとっと。GPVだって完璧じゃないんだ。見事に裏をかかれたメンバーは、テイクオフとランディングを右往左往しちゃいました。
うだるような暑さのランディングで立ち上げ練習するものの風は今一。もう少しで西風と判断してテイクオフに行くと、そこには東風が待っていた。
なんじゃ こりゃぁー!
それでも最後には西風となり待ちかねたメンバー達が次々とテイクオフした。しかし、チューチュー吸い上げの低い雲が上空を支配していたので油断はできません。
北よりの西風に上手くテイクオフできなかったメンバーも複数いました。
もっとのんびり飛びたいと思った土曜日でした。

明日も飛ぶぞ。

7月28日

飛べすぎじゃないでしょうか!
誰もが2時間以上飛びました。
朝から夕方まで同じような安定した条件だったので半数以上は一度もランディングに降りてこなかったくらいでした。まだまだ良い条件は続いていましたが、夕方には空に浮かんでいるパラはいなくなりました。
AコースのMさんとは、飛行コース説明を兼ねてタンデムをやり、練習場でもショートフライトを繰り返しました。
先日、初高高度をしたアンミツさんが、今日は順調に3本飛び、笑顔炸裂です。



カレンダー eX公式予定
リンク
プロフィール

eXパラグライダースクール

Author:eXパラグライダースクール
eXパラグライダースクールのブログページへようこそ!。
このブログページの記事はイクスの出来事が記載されています。
サイドバーには色々なブログパーツが埋め込まれています。
そちらも是非ご覧になってください。
見ればほぼ理解頂けるかと思いますが万が一何かありましたらスタッフなどにお気軽にお問い合わせてください。

なお情報量の多いブログパーツを使用しています、表示には多少お時間がかかるかもしれません。

最近のコメント
月別アーカイブ